スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
FC2 managemented
『痛風』・・・・
2010-11-28 Sun 15:58
寒くなってきました。皆さん、風邪を引いていないでしょうか・・・!?
今年も残す所、約1ヶ月。1年が早いです。
今年は、気紛れも気紛れであまり書けていませんでした。

なので、ラストスパート!!

今回の症例は、『痛風』です。

一昔前は贅沢病とも言われ、風が当たっても痛いと言う事から『痛風』と言う名称になったそうです。
ウキィペディアにも以下の様に書かれています。※参照:ウキィペディア"痛風"

『名称は、痛み(発作の箇所)が風が吹く様に足・膝・腰・肩・肘や手など全身の関節を移動し尚且つ風が強くなったり穏やかになったりする様に痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返す(痛みの悪風に中(あた)る意、または吹いた風が当たっただけでも痛む、の説もある)ことから命名された。』

この『痛風』で知られているのが足の親指の関節炎では無いでしょうか!?
母趾の中足趾節関節(MTP関節)に見られるのが多いのですが、最近では第2趾や第3趾の中足趾節関節(MTP関節)に見られる事が多い様です。所謂、足の甲で指よりの所に炎症が起こると言う事です。

この痛風発作とも言われる急性の関節炎は、激烈な疼痛・発赤・腫脹・発熱をきたすのですが、通常は数時間~数日で回復に向かいます。

この痛風というのは、尿酸値が高くなり結晶が関節内に析出し、その結晶に対し炎症反応が出てしまうと言うものです。罹患期間が長いと腎結石が見られる事もある。

原因としては、尿酸値が高くなる事なのですが、日頃の食生活の中で"プリン体"と言う物の摂取が多すぎるのも駄目です。痛風になられている人は、この"プリン体"と言う言葉を聞かれていると思います。
アルコール特にビールや甲殻類に多く含まれています。

どの食品に多く含まれているかは、このホームページを参照して下さい。 → "プリン体"
 ※ 下の方にあります。

アルコールでは、以下の様になっています。

   種  別                mg/100ml

蒸留酒         
            焼酎25%         0.0
            ウイスキー        0.1
            ブランデー        0.4
醸造酒         
            日本酒          1.2
            ワイン          0.4     
            紹興酒         11.6
醸造酒(発泡性)    
            ビール          3.3~16.6
            低アルコールビール    2.8~13.0
            ビールテイスト飲料    1.3
            発泡酒          0.1~3.9



今回の症例では、以前より何回も出ており、今回は3週間経っても症状が改善しないとの相談でした。
当然の事、病院に通われていました。処方される鎮痛剤ですら効かないと言われていました。

痛風に対する整体と言うよりは、痛風によって現れている炎症反応に対する施術です。
痛みを和らげる・腫脹を引く様にすると言うのが大きな目標です。

※ この症例での紹介、及び写真の掲載に関しご本人より承諾を得ています。

この写真は、初回の治療前に撮影した物です。 ※11/1
初回写真

初回の治療内容:下半身の筋肉調整、胸椎部・腰椎部の矯正(以前よりの治療部位)、足関節のモビリ・筋ポンプ
           患部付近の関節のモビリ、内臓整体(肝臓、腎臓、小腸)、患部のテーピング

水分の取り方や自分で出来る内容を指導。
 ※水分の取り方は、凄い量を摂取されていた為。



この写真は、2回目の治療前に撮影した物です。 ※11/3
2回目写真

前回より腫れが引き、痛みも少しマシになっていました。
改善度合いにビックリされていました。

前回と同様の治療内容でモビリを少し多めに行っています。



この写真は、3回目の治療前に撮影した物です。 ※11/13
3回目写真

左右差が殆ど無くなり、若干痛みが残っていたそうですが、歩く分には大分改善出来ました。

患部近位の関節を軽く確認・調整をし、筋肉調整と内臓整体のみで終了しております。


2回目と3回目の間は、ご自分で出来る事をされただけです。
仕事も通常通り、行かれており、安静にはしておられませんでした。

ここで症状が悪化しない限り、今回で終了という事に致しました。


この症例には、続編がございます。それについては、次回・・・・・。



☆ 注 意 ☆

今回の症例は、"痛風"を治したという症例ではございません。

"痛風"によって引き起こされた関節炎に対する症状を緩和させたと言うものです。

誤解されません様、御願い致します。

実際は、血液循環が良くなり身体の環境が良くなっているとは思います。

しかし、根本的な所は、生活習慣や食生活の改善が必要となります。


スポンサーサイト
別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
側彎症・・・・。
2010-11-01 Mon 11:00
台風も無事過ぎて、しかし雨・・・・。
最近、寒くなってきました。風邪引いていないですか!?

私は・・・・・・風邪気味中です。

ブログを書こう書こうと思いながらいつも忘れてしまい・・・・気がつけば今年も後、2ヶ月・・・・・。
ブログを更新出来てなかった間に"捻挫"、"腰椎椎間板ヘルニア"、"心臓疾患"・・・・等々様々な症例が沢山ありました。

今日書く内容は、『側彎症』についてです。

これもつい最近あった症例です。
その前に少し難しいですが、『側彎症』について・・・。

人間の身体は、側面から(横から)見るとS字型に彎曲しているのですが、これが正面から見て真っ直ぐのはずの
背骨が彎曲して見える状態を『脊柱側彎症』と言います。

この『側彎症』も整形外科的に言うと幾つもの状態に分類されます。

大きく分けて『機能性』と『構築性』言う2つに分けられます。
この2つから更に細分化されたものに分類されます。

ここでは、細かく分類するのは省略します。

簡単に言うと前者の方は、原因を取り除いてあげれば側彎は、消失若しくは軽減します。
後者は、治り難い若しくは進行してしまうものです。

後者の中で全側彎症の7~8割を占めるものがあって、それを『特発性側彎症』と言うものがあります。ここの"特発性"と言うのは、原因が分かっていないものを指します。

発症年齢も乳幼児(3歳未満)~思春期にかけて起こります。
これも3つに分けて区分されます。①乳幼児:3歳未満 ②学童期:3~10歳 ③思春期:11歳以上

区分された①~③によって特徴があります。
この中でも特に②や③が急速に進行する例があり、注意が必要です。

その為、小学校の中高学年時期や中学生時期に『モアレ検査』と言うものを学校で実施されています。

※モアレ検査:暗室の部屋で光を当てて背中側の写真を撮り、背骨の歪みを検査する事。
       この検査で陽性になると病院で頭から足までのレントゲン撮影を撮る様言われます。

この検査は、各年代・地域・各学校によって実施時期が違ったり、行っていない事があるようです。
若しくは、前屈検査(アダムの体位)と言う検査で済まされているかもしれません。

※前屈検査(アダムの体位):お辞儀をした状態で背中の高さに左右差が無いか見る検査。


今回の症例は、脊柱側彎症でも上記の②に当てはまるかもしれない症例です。
※注意:X線では見ていないので確定ではありません。予測によるものです。

診るきっかけとなったのが当治療院に来て頂いている患者さんの息子さんを診て欲しいと言う事です。

理由が『うちの息子の姿勢がおかしい。いつもグニャグニャしている。シャンと出来ない。筋力が弱い。』と
言う事でした。

診てみると座り方がおかしく、腰が原因だと思いました。姿勢を見ていると肩甲骨の高さの違いや肩の高さ、体重の乗せ方がおかしく見えました。
これは、側彎症に見られる徴候の一部です。

上記の"前屈検査(アダムの体位)"を行ってみると左右差が見られました。
胸郭を比べても左右差を若干見受けられました。

その為、側彎症を疑いました。

その時点では、骨盤の歪みを良くする為の筋肉調整と仙腸関節の調整だけで終了しました。
※アジャストは一切行っていません。

そして、親に側彎症について説明し、病院でX線を撮り医師の診断を仰ぐ事を薦めました。
その息子のとる姿勢について"だらしない"とか"行儀が悪い"、"シャンとしなさい"と怒ってはいけない事も伝えました。

子供の姿を良く観察されている親であり、気にしてあげれる事に感動を覚えました。

私としても良い経験をさせて頂きました。本当にそうだったのかは、病院に行かれてからになるので心配も残ります。私達整体師は、"診断"が出来ません。なので、最悪の事を想定して病院に行かれる事を薦めます。
そして、その結果をご報告してくれる方もいればそのまま来られない方もいらっしゃいます。
しかし、早期発見につながればと思います。

こういう時、良く思うんです。隣に設備の整った病院があり、協力して治療出来たらなぁ~・・・・・と。



長くなりましたので、次の機会にでも追記していきたいと思います。
別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
顎関節症
2009-12-05 Sat 11:14
寒くなってきました。12月だからそれなりなのですが・・・。
月日が経つのは、早いものです。

今回は、『顎関節症』についてです。
このブログで紹介するのは、2回目になるでしょうか。
1回目は、いつかと言いますと約3年前のこのブログでの初めての症例投稿で3部作でした。
過去ブログ 『顎関節症』
   第1回目
   第2回目
   第3回目

又、暇があれば過去ブログも読んでみて下さい。

顎関節症とは、
『顎関節症とは顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節雑音、開口障害、または顎運動異常を主要症候とする慢性疾患の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靭帯障害、関節円板障害、変形性関節症などが含まれる。』
となっています。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』、日本学関節学会)

顎関節症について 参照HP (※詳しく知りたい方は以下のHPが良いのではないでしょうか)
  ・ 口腔外科診療室から
  ・ Oral Studio


原因の中に『ブラキシズム』と言うのがあります。
これは何かと言いますと

「くいしばり」、「歯ぎしり」、「歯をカチカチならす」等の事をブラキシズムと言い、筋肉を緊張させて顎関節に過度の負担をかけダメージを与える。最も大きな原因と言われてます。

くいしばり・・・肉体労働や仕事などに集中しているとき無意識に行っている。就寝中にも起こる。
歯ぎしり・・・音のしない歯ぎしりもある。

と言うものです。

それ以外に
  ・ 偏咀嚼
  ・ 悪い噛み合わせ
  ・ 顎に負担をかける行為、癖
  ・ ストレス
  ・ 外傷
  ・ その他

と様々あります。

好発し易いのは、20代~30代女性。
男女によって違うのですが、開口の広さは、大体指3本が入る程度開くのが正常とされています。
正常は40㎜以上。一般に、男性で40㎜以下、女性で38㎜以下を開口障害と位置づけられます。


色々なタイプの顎関節症の方を診た訳ではないので一概に言えませんが、”偏咀嚼”で咀嚼筋が正確に使われない為
に左右のバランスが崩れている人や頸椎に運動制限があったり、と言う方が多いです。

顎関節自体の違和感や疼痛以外の2次的な症状として偏頭痛や自律神経症状、肩や首の凝り等々があります。
この様な症状は、幾ら解してあげても原因の顎関節症を改善しない限り改善されません。

先日も教えに行っている学校で開口が狭い学生がいました。やはり、女性でした。
痛みが酷い訳でもないのですが、口が開き難くて(約指2本分)、よく肩が凝る人でした。

咀嚼筋の左右バランスの調整を行った所、指3本分の開口が出来ました。
開く様になって首や肩の筋肉が緩んでいました。

痛みが無くても違和感を感じられる人は、一度は相談すべきです。

その他の症状は、顎関節から来ているかもしれないから・・・・・。

  
別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
肩口の痛み・・・
2009-11-07 Sat 18:12
今年の冬は、寒くなりそう~!
インフルエンザや風邪も流行しているし・・・皆さんは大丈夫ですか?

さて、今回は、『肩口の痛み』です。70代前半の男性。

どの様な状態かと言いますと、腕を伸ばしたままの肩の外転では痛みはないけど肘を曲げて同じ動作をすると痛い・・・と言う事です。

痛む様な事は何もしていないそうです。
普段と変わった事は、2週間前から筋トレを始めたそうで、内容は500gの重りを持って腕の曲げ伸ばしを10~15回、たまに肩より上への持ち上げを5回ぐらい。
2~3日に一度行い始めたとの事でした。

痛む部位は、三角筋の前部付近。痺れもダルミ、疼きも無し。

筋力検査で三角筋、棘上筋、上腕二頭筋は正常で痛みも無し。
可動域は、肩外転90°付近で痛み有り。

はてさて・・・・・。
予想した状態は、全て陰性。
肩周囲の筋肉調整をすると痛む動作に変化有り!

外転時の痛みは、軽減で痛む動作をして貰うと90°外転位から水平外転で痛み発生。
どうやらこの動作での痛みが本命だったようです。

結果的な判断は、筋トレによるOverUse若しくは疲労の蓄積。
軽い負荷による運動でも衰え始めた筋肉にはきつかったようです。

なので、上腕二頭筋と三角筋前部を解す事により痛み無しに!!

上腕二頭筋腱炎や腱板炎迄の酷い状態でもなく・・・。

筋肉を解して初めて見えてくる場合も多々あり。
検査で裏切られる事は良くある事で、その為、少しでも不安の残る疾患等は頭の片隅に置いておきいつでも対応出来る状態を保っておく事がBest。

この後、再発防止の為の運動と痛くなった原因の経緯を説明して終了。


聞くと診るでは、違うという事も頭に入れておかないといけませんね。
聞いた状態と検査したり、施術してみて聞いていた状態と違う事を発見する事があります。
その発見したものが原因だったり・・・。

こういう、痛みの出る位置、動作を調べておくと治療後同じ動作でどうか確認しやすくなります。
又、変化を実感して頂けるので双方が安心出来ます。

治療途中でも検査は、何回でも行います。
それは、過剰な施術を行わない為、どこへの施術が一番効いたか知る為、見落としが無いか確認する為・・・etsの理由の為です。

肩は、何かと難しいので今回は一安心です。

別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
風邪の季節・・・
2009-10-31 Sat 11:31
朝夕と寒くなってきました。
明日は、一段と冷えるらしく雪が降る所も・・・なんて予報を聞きました。

新型インフルエンザや季節性インフルエンザ・・・等が猛威を振るう中、この冷え込みで風邪を引く人も増えるのではないでしょうか!?

予防対策としてマスクやうがい、手洗い等出来る事は、やりたいです。
通常のマスクでは、少し不安が残ったり、一時品薄となったりでいざと言う時の備えとして買い溜めをと考えましたが、最近はそんな事も無く普通に売っていますね~!
最近、気になって通販で買ったのが『新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館』と言う所で買いました。もうすぐ無くなるので今度は『マスクで予防ドットコム』で買おうかと・・・f(^^;

整体院で使っているのよりインフルエンザ対策なら違うのが良いのかなってのもありまして・・・色々と探してます。

いつもより前置きが長くなりました。

この季節になると『風邪』を引いた状態で来られる方が増えます。
『うつさんといてなぁ~』なんて冗談をよく言う様になります。

風邪を引いて来られると腰痛や肩こり等の症状より、風邪の症状の方に効く傾向が高い様です。これは、以前から良く聞いていた事なんです。
患者さんより『風邪はあれからマシになったけど・・・腰がまだ良くないから診て!』なんて声を修業時代から聞いていました。風邪を引いて来られた方の8~9割の方が言われていたのです。

なので、開業してからは風邪を引いて来られた方には、『今言われた主訴より風邪の方に効く可能性があります。』と説明します。(実際にはもっと詳しく!)
そして、病院に行くよりも私の所へ言ってこられる方も少し増えてきています。
ちゃんと病院で診て貰う事勧めるのですが・・・。酷くなってからでは遅いから。

それ以外にも歯が痛いなんて言われて来られる方もいます。虫歯だったり、歯周病だったり、色々な原因があるので専門医に診て貰い、治療を勧めるのですが・・・。
今の痛みが抑えられれば良いから!と・・・。確かに痛みを軽減出来る場合もありますが、やはり根本的な治療が必要です。

全ては、痛みの軽減をしたり、風邪の治りが早かったりと成果を感じられた方が再び行ってこられています。

今月の4割以上の人が風邪引きさんでしたね~。
中には、声が出ない・のどが痛い・微熱が引かない・鼻がつまる・鼻水が止まらない・・・等の主訴が多かったです。

肩こりとか目が疲れる、腰が痛いと行ってこられてその次に上の様な症状を言われたりと様々です。


では、何故整体がこれらの症状を軽減出来たり、治りを早める事が出来るのでしょうか?

ここからは、私自身の持論です。

もともと整体は、治癒力を高めてあげる事が主です。その結果、凝りがマシになったり、痛みがマシになったりしているだけなのです。
以前にも書きましたが治している訳ではありません。治る手助けをしているだけなのです。

筋肉を解す事によって血液循環が良くなり、関節の可動性を良くする事で可動範囲が改善したり、神経伝達が改善しているのです。又、リンパの流れを良くしたりする事もあります。
その結果、疲労物質を排除したり、循環が良くなる事で病原菌やウイルスと戦い易い環境が整ったりする為だと考えています。

なので、風邪を引いて来られた場合、一時的に体温が上昇してしまう場合が多いです。言い換えれば熱が出てしますと言う事です。
これは、自己免疫が細菌等と戦っている証拠だと思います。

注意したいのが風邪等で体力が低下してる時にこの様な事が起こると体力が持ち堪えられない場合があります。なので、絶対に病院へは行って頂きたいです。
自分の免疫では、対抗出来ない疾患もあります。


整体とは、関係が無いと思わず相談して頂ける事はありがたい事です。

季節の変わり目、気候の急変等、風邪の引き易い時期は自分の身体を労ってあげましょう。
冷え性の方は、足湯等お勧めです。
別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
| 院長の気紛れ日記 | NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。