スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
FC2 managemented
O脚の臨床例・・・続編
2006-11-09 Thu 10:55
最近、グッっと冷え込んできましたね~(^^ゞ
体調を崩さない様に気を付けて下さいね!

さて、O脚の続きなのですが・・・1回目の治療後は、自宅でやって頂くエクササイズを指導して終了しました。
1回目の時点では、全体的に隙間があり、くっついている所はありませんでした。ズボンだった為、写真では確認し辛いと思います。
内股部分がややくっついてきた感じで、逆に膝から下が空いた様に見えてますが・・・。

10日後に2回目の治療!

   治療前       治療後
2回目-治療前 2回目-治療後


2回目では、骨の並びが正常に近づいてきた様に思います。レントゲンで角度を測った訳ではなく、あくまで目測と触った感じでです。
膝上の腫れた感じも取れ、大分シワが見れる様になりました。

2回目終了後の感想では・・・『隙間が狭くなってきた』、『膝から下で描かれてた弧が無くなってきた』と実感して頂いています。

それから約2週間後に3回目の治療・・・

   治療前       治療後
3回目-治療前 3回目-治療後


3回の治療で目に見てハッキリと分かる成果のある例ではありませんでしたが、患者さん自身には納得して頂き喜んで頂けました。
その後、3ヶ月経ちますが腰痛なども起こっていないようです。

いつもの事なのですが、途中からO脚治療が始まり終了間近で撮影させて頂くのを忘れていた事に気付きます(><)

例え、O脚でなくても足首の歪みが後のO脚や腰痛を引き起こす事があります。一度でも捻挫をされた方は、要注意です!!一度、足首の治療をオススメ致します。

最後に・・・・・

O脚の臨床例・・・続編…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
| 院長の気紛れ日記 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。