スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
FC2 managemented
プロフェッショナル・・・
2007-03-08 Thu 12:06
今から秋・・・!?そんな感じをさせる気候が続いてますね。
今は丁度テスト期間中!まだ、完成させてない科目も・・・ヤバイ・・・(-"-;;

『プロフェッショナル』・・・!?どういう事を言うんでしょう?
昨日、観たTVに感心させられました。
左官業をする人の話で『土のソムリエ』なんて呼ばれるカリスマ的存在の方でした。

仕事には、臆病でいろ!この方の信念の一つです。
これは私が昔から『臆病』を取り去ろうと苦労していたのにこの方は持ち込めと言うんです。
どういう事かと言いますと、治療を行っている上でこちら側の感情は手を伝って患者さんに伝わってしまいます。そうする事で不安にさせ治療の効果を半減させたり、こちらの言う事に半信半疑になってしまうからです。

観ている間は、職業が違うからそんな事が言えるんだ!なんて、軽くみていました。この方もとても苦労されていて30代後半頃から注目され始めました。そして"カリスマ"と呼ばれるまでに・・・。
そして、壁に塗る"土"これは、生きているんだ!と言う事が判り始めてからさっき迄の考えはおかしい!!共通する所はあると思え始めました。

1つの現場でお客から言われた感じの壁を完成させ、3日後見に行くとムラがあり、やり直す事に・・・。その1ヶ月後、見に行くと小さいヒビが2,3カ所見つかり、お客自身は『全然気にならない』と言われてたが再びやり直す事に・・・。
この時、職人を集め会議をし、やり直す事に対してこの方が言ったのは、『工期を長引かして施主に迷惑かけない為に60%で満足するか施主に怒られても100%の仕事をして満足するか?って言われたらもちろん後者やろう!!』本当の職人の姿を見た感じがしました。
ミスがあれば何回でもやり直す。それでいて現場では"臆病"でいる。

エンドロールが流れる頃には、感動しとりました。そして、ビデオを撮っていない事にも少し後悔が・・・。

ここで感じたのは、確かにこちらの臆病さを悟られてはいけないというのは、変わりません。しかし、数多くの検査を行えない私達は常に色々な状況を思い描けなければなりません。
その時の状況で"病院へ検査に行って貰ったり"、"その状態に応じた手技で改善を目指したり"・・・"臆病さ"と"自信"相反するものを柔軟に持ち備えなければいけないのではないか・・・。それでいて"傲慢"であったり"自信過剰"であったりしてはいけなく、どんな局面でも冷静に対応出来、柔軟な思考で物事が考えられ、機転が利かなくてはいけない。

"臆病"とは精神的な弱さを意味するのでは無く、最善の道を見つける為の"用心"なのでは無いだろうか・・・?
"~たら"とか"~れば"と言うのが治療後に多く出てくる様では、まだまだ未熟だと・・・。そんな気がします。決して悪い事でも無く、気付ければ向上する余地はある訳で・・・。

この方が持たれてる課題が『お客の要望に応じる。ではなく、要望以上の成果を出す。』と言う高い壁をおいて仕事に臨まれてます。

又、30代後半と遅咲きだったと言う事で同じ年代等の人がどうすれば好転する事が出来るのでしょう?と言う問いに・・・。
『一つの事を継続する事』
一つの事を長くやっていればそれだけ枝が出て、花を咲かす事が出来る。と答えられてました。

確かに今の自分にも小さいながらも枝が出てきているのかな・・・!?
花は・・・!?

自分の考え、やり方等々を再確認させてくれたとても為になるお話でした。HPでも書いている様に、少しでも喜んで頂ける様に・・・精進し、やり続ける・・・その時出せる力を総動員して・・・(^^)v


スポンサーサイト
別窓 | その他・出来事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
| 院長の気紛れ日記 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。