スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
FC2 managemented
『痛風』・・・・
2010-11-28 Sun 15:58
寒くなってきました。皆さん、風邪を引いていないでしょうか・・・!?
今年も残す所、約1ヶ月。1年が早いです。
今年は、気紛れも気紛れであまり書けていませんでした。

なので、ラストスパート!!

今回の症例は、『痛風』です。

一昔前は贅沢病とも言われ、風が当たっても痛いと言う事から『痛風』と言う名称になったそうです。
ウキィペディアにも以下の様に書かれています。※参照:ウキィペディア"痛風"

『名称は、痛み(発作の箇所)が風が吹く様に足・膝・腰・肩・肘や手など全身の関節を移動し尚且つ風が強くなったり穏やかになったりする様に痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返す(痛みの悪風に中(あた)る意、または吹いた風が当たっただけでも痛む、の説もある)ことから命名された。』

この『痛風』で知られているのが足の親指の関節炎では無いでしょうか!?
母趾の中足趾節関節(MTP関節)に見られるのが多いのですが、最近では第2趾や第3趾の中足趾節関節(MTP関節)に見られる事が多い様です。所謂、足の甲で指よりの所に炎症が起こると言う事です。

この痛風発作とも言われる急性の関節炎は、激烈な疼痛・発赤・腫脹・発熱をきたすのですが、通常は数時間~数日で回復に向かいます。

この痛風というのは、尿酸値が高くなり結晶が関節内に析出し、その結晶に対し炎症反応が出てしまうと言うものです。罹患期間が長いと腎結石が見られる事もある。

原因としては、尿酸値が高くなる事なのですが、日頃の食生活の中で"プリン体"と言う物の摂取が多すぎるのも駄目です。痛風になられている人は、この"プリン体"と言う言葉を聞かれていると思います。
アルコール特にビールや甲殻類に多く含まれています。

どの食品に多く含まれているかは、このホームページを参照して下さい。 → "プリン体"
 ※ 下の方にあります。

アルコールでは、以下の様になっています。

   種  別                mg/100ml

蒸留酒         
            焼酎25%         0.0
            ウイスキー        0.1
            ブランデー        0.4
醸造酒         
            日本酒          1.2
            ワイン          0.4     
            紹興酒         11.6
醸造酒(発泡性)    
            ビール          3.3~16.6
            低アルコールビール    2.8~13.0
            ビールテイスト飲料    1.3
            発泡酒          0.1~3.9



今回の症例では、以前より何回も出ており、今回は3週間経っても症状が改善しないとの相談でした。
当然の事、病院に通われていました。処方される鎮痛剤ですら効かないと言われていました。

痛風に対する整体と言うよりは、痛風によって現れている炎症反応に対する施術です。
痛みを和らげる・腫脹を引く様にすると言うのが大きな目標です。

※ この症例での紹介、及び写真の掲載に関しご本人より承諾を得ています。

この写真は、初回の治療前に撮影した物です。 ※11/1
初回写真

初回の治療内容:下半身の筋肉調整、胸椎部・腰椎部の矯正(以前よりの治療部位)、足関節のモビリ・筋ポンプ
           患部付近の関節のモビリ、内臓整体(肝臓、腎臓、小腸)、患部のテーピング

水分の取り方や自分で出来る内容を指導。
 ※水分の取り方は、凄い量を摂取されていた為。



この写真は、2回目の治療前に撮影した物です。 ※11/3
2回目写真

前回より腫れが引き、痛みも少しマシになっていました。
改善度合いにビックリされていました。

前回と同様の治療内容でモビリを少し多めに行っています。



この写真は、3回目の治療前に撮影した物です。 ※11/13
3回目写真

左右差が殆ど無くなり、若干痛みが残っていたそうですが、歩く分には大分改善出来ました。

患部近位の関節を軽く確認・調整をし、筋肉調整と内臓整体のみで終了しております。


2回目と3回目の間は、ご自分で出来る事をされただけです。
仕事も通常通り、行かれており、安静にはしておられませんでした。

ここで症状が悪化しない限り、今回で終了という事に致しました。


この症例には、続編がございます。それについては、次回・・・・・。



☆ 注 意 ☆

今回の症例は、"痛風"を治したという症例ではございません。

"痛風"によって引き起こされた関節炎に対する症状を緩和させたと言うものです。

誤解されません様、御願い致します。

実際は、血液循環が良くなり身体の環境が良くなっているとは思います。

しかし、根本的な所は、生活習慣や食生活の改善が必要となります。


スポンサーサイト
別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
側彎症・・・・。
2010-11-01 Mon 11:00
台風も無事過ぎて、しかし雨・・・・。
最近、寒くなってきました。風邪引いていないですか!?

私は・・・・・・風邪気味中です。

ブログを書こう書こうと思いながらいつも忘れてしまい・・・・気がつけば今年も後、2ヶ月・・・・・。
ブログを更新出来てなかった間に"捻挫"、"腰椎椎間板ヘルニア"、"心臓疾患"・・・・等々様々な症例が沢山ありました。

今日書く内容は、『側彎症』についてです。

これもつい最近あった症例です。
その前に少し難しいですが、『側彎症』について・・・。

人間の身体は、側面から(横から)見るとS字型に彎曲しているのですが、これが正面から見て真っ直ぐのはずの
背骨が彎曲して見える状態を『脊柱側彎症』と言います。

この『側彎症』も整形外科的に言うと幾つもの状態に分類されます。

大きく分けて『機能性』と『構築性』言う2つに分けられます。
この2つから更に細分化されたものに分類されます。

ここでは、細かく分類するのは省略します。

簡単に言うと前者の方は、原因を取り除いてあげれば側彎は、消失若しくは軽減します。
後者は、治り難い若しくは進行してしまうものです。

後者の中で全側彎症の7~8割を占めるものがあって、それを『特発性側彎症』と言うものがあります。ここの"特発性"と言うのは、原因が分かっていないものを指します。

発症年齢も乳幼児(3歳未満)~思春期にかけて起こります。
これも3つに分けて区分されます。①乳幼児:3歳未満 ②学童期:3~10歳 ③思春期:11歳以上

区分された①~③によって特徴があります。
この中でも特に②や③が急速に進行する例があり、注意が必要です。

その為、小学校の中高学年時期や中学生時期に『モアレ検査』と言うものを学校で実施されています。

※モアレ検査:暗室の部屋で光を当てて背中側の写真を撮り、背骨の歪みを検査する事。
       この検査で陽性になると病院で頭から足までのレントゲン撮影を撮る様言われます。

この検査は、各年代・地域・各学校によって実施時期が違ったり、行っていない事があるようです。
若しくは、前屈検査(アダムの体位)と言う検査で済まされているかもしれません。

※前屈検査(アダムの体位):お辞儀をした状態で背中の高さに左右差が無いか見る検査。


今回の症例は、脊柱側彎症でも上記の②に当てはまるかもしれない症例です。
※注意:X線では見ていないので確定ではありません。予測によるものです。

診るきっかけとなったのが当治療院に来て頂いている患者さんの息子さんを診て欲しいと言う事です。

理由が『うちの息子の姿勢がおかしい。いつもグニャグニャしている。シャンと出来ない。筋力が弱い。』と
言う事でした。

診てみると座り方がおかしく、腰が原因だと思いました。姿勢を見ていると肩甲骨の高さの違いや肩の高さ、体重の乗せ方がおかしく見えました。
これは、側彎症に見られる徴候の一部です。

上記の"前屈検査(アダムの体位)"を行ってみると左右差が見られました。
胸郭を比べても左右差を若干見受けられました。

その為、側彎症を疑いました。

その時点では、骨盤の歪みを良くする為の筋肉調整と仙腸関節の調整だけで終了しました。
※アジャストは一切行っていません。

そして、親に側彎症について説明し、病院でX線を撮り医師の診断を仰ぐ事を薦めました。
その息子のとる姿勢について"だらしない"とか"行儀が悪い"、"シャンとしなさい"と怒ってはいけない事も伝えました。

子供の姿を良く観察されている親であり、気にしてあげれる事に感動を覚えました。

私としても良い経験をさせて頂きました。本当にそうだったのかは、病院に行かれてからになるので心配も残ります。私達整体師は、"診断"が出来ません。なので、最悪の事を想定して病院に行かれる事を薦めます。
そして、その結果をご報告してくれる方もいればそのまま来られない方もいらっしゃいます。
しかし、早期発見につながればと思います。

こういう時、良く思うんです。隣に設備の整った病院があり、協力して治療出来たらなぁ~・・・・・と。



長くなりましたので、次の機会にでも追記していきたいと思います。
別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
| 院長の気紛れ日記 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。