スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
FC2 managemented
O脚について
2006-10-26 Thu 12:37
段々、朝夕が冷えてきましたねぇ~(^^;;
久々ですね!忙しいのと体調不良で書き込む時間が・・・。

今回は、"O脚"についてです。

最近では、あまりO脚が気になりますと言ってくる人が少なくなった様な・・・!?色々な人に聞いているとO脚を治すのに数十万使ったけど納得するところまで治らず、金銭的・時間的余裕が無くなって諦めたと言う人やどこに行ったら治してくれるか解らない・・・歳だから気にしてない等々の意見がありました。

確かに年齢的に膝関節の変形等で起こっているO脚については無理ですがそれ以外のO脚については改善の見込みはあります。

O脚の判断は、テレビ等で知られている方は多いはずです。
ただ、勘違いして頂きたくないのは、"隙間が空いている=O脚"とは一概に言えないと言う事です。

O脚は、FTA(大腿脛骨角)が180°以上を内反膝(O脚)と言います。
FTAとは、大腿骨と脛骨の長軸の成す外側の角度の事です。
このFTA角は、正常で174~176°と言われています。(文献により誤差が有る為)
O脚の原因では、疾患によるもの・骨折等の変形治癒・靱帯損傷・老化・骨の形成異常・・・等々です。
これ以外にも起こる原因があります。それは、骨盤の歪み・足首の異常・筋力の低下・・・等々です。
後者の方は、改善が可能です。

面白い統計結果を載せている文献が有りました。どういう統計かと言いますと・・・



生まれて初めて歩く処女歩行の時期!

これがのちのO脚、その後の変形性膝関節症との関連を調べた統計でした。

処女歩行が生後12ヶ月以前にあった場合、O脚児が多発する傾向がある。又、2歳時にFTAが195°以上あった子は、殆ど12ヶ月未満に歩行訓練を行っていた。
そして思春期を迎える頃にその子供達は180°以上の少年少女になっていた。

又、変形膝関節症の患者の少年時代の写真を見るとO脚児であった事も確認されている。

私もこれを見た時は、驚愕でした。
だから、O脚の治療をするのは、大切だと思いました。
乳幼児のO脚は、自然な事なんだけどその角度に注意しましょう!
異常のあった場合は、矯正装具を付けて修正致します。
この辺の事は、近くのお医者さんにお尋ね下さい。

見栄えよりも将来の為に・・・!

臨床例(見た目はあまり変わってないんだけど・・・)は、次回・・・!
スポンサーサイト
別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
<<TVと腰痛体操・・・ | 院長の気紛れ日記 | ☆ 学園祭 ☆>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 院長の気紛れ日記 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。