スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
FC2 managemented
魔女の一撃・・・☆
2006-11-16 Thu 16:02
うぅ~寒い!(><)
今からこんな事言ってたらこの後どうなるんでしょうね(^^;ゞ

さて今日は、魔女の一撃事『ギックリ腰』です。え~!又なったの~って思ったでしょう!?今回は私ではありませんよ(^^)

ついさっきなったと飛び込みで来られました。
4ヶ月前に腰痛と股関節の違和感で来られていた方でこの方は、前回治療は1回で治療後はまだ少し痛みが残ってたけど2日後にとれて、その後何の違和感も無かったとの事でした。

50代女性で仕事をされています。
仕事中に右向いた時に痛みが出て、そのまま早退されて来られました。
歩き方も少しかばった様な歩き方で痛みの部分は左側の仙腸関節から左の下部肋骨付近までの痛み。特に上の方が痛むとの事でした。前屈(前かがみ)も10°前後で痛くて出来ない状態でした。

発症後、一時間前後と言う事もあり、全体的に張ってる状態で歪みの方向が特定し辛い状態。
基本的な捻れは、簡単に反対になる事は稀なのにどうしても逆に見えて頭を混乱させられました。
治療を進めていく内に多少の改善は見られましたが、歩行もあまり改善されず、立ち上がる動作も痛みを伴うまま。
仙骨の制限を取る様な手技をもう一度(矯正ではありません)。ここでやっと歩行が楽に出来る状態になるも前屈時は痛みあり。ペインスケールも7止まり!

しかし、この後とった行動がこの患者さんにとって良いターニングポイントになりました。

皆さんは私がとった行動とは何だと思いますか・・・?

その行動とは・・・・・

ただ単に休憩を取っただけです。
休憩は、7分前後。その後、なかなか取れない仙腸関節の制限を取る為の手技(矯正ではないですよ)を行っただけです。

この後の患者さんの表情は、コロッと変わりました。
歩き方もスムーズで、座ってる状態から立つ時も痛みが無くスゥーっとたてる様になり、前屈も20°まではいける様に。その近辺でまだ痛みは出るものの変化が有っただけ成果有り!多くを求めてはいけません。

自分自身の評価では、起こっていた炎症部に与えていた刺激で炎症範囲を広げる処を休憩を取る事で最小限で抑えられていたと思われます。又、筋肉などの調整で循環も良くなってるのもあるし、楽な姿勢で休息して貰っていたので敏感になり過ぎるのを止めれた。
これがしつこい制限を和らげる事が出来たのではないかと考えています。ペインスケールは4に!下部肋骨付近にあった痛みも全くなくい状態!
この休息時にアイシングをしとけば・・・とも後で思いましたが・・・時既に遅し(-"-;取り敢えずは目標のスケール半分を切ったので良しと自分で自分を説得・・・。

次の予約を取り本日は終了!この後、予約までの間の過ごし方をアドバイス。

よくあるのですが、一生懸命になり過ぎて触り過ぎる悪化させる事があります。特に急性症状の場合。炎症を治めるのには時間が必要です。少しでも楽に・・・この気持ちは良く分かるのですが、あくまで私達は回復し易い状態へ導く事であって、痛みを取り除く等がメインではありません。痛みが取れるのは、回復し易い状態へ導いた結果、生まれた産物程度に思っておく方が良いと思います。
これが(治療で痛みが取れる事が)続くあまり勘違いし易いですね(^^;;

炎症を10→0に出来る様な手技や方法があれば教えて欲しい位です。ただ、治療によってその期間を短くしてあげる事は出来ます。

これは、昔師匠に良く注意された事でした。一度に全部取ろうとするな!・・・と。今では大分理解出来ましたが、やはり痛みを訴える患者を見てるとたまに"もう少し"と思ってやってしまう時が有ります。
その時は、大抵効果が無いか悪化させる結果に繋がってます。

だから今日の"休憩"は、ナイスプレイだと思ってます(^^)v
でも、インフォームドコンセント(説明と同意)は、ちゃんと行っていますよ(^^)

治療の時は、焦らず・心に余裕を持って・・・平常心で・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
<<魔女の一撃・・・☆のその後・・・ | 院長の気紛れ日記 | 昨日の疲れが・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 院長の気紛れ日記 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。