スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
FC2 managemented
☆ シークレット・サンタ ☆
2007-02-18 Sun 13:08
喉を痛めて約1週間・・・。未だ、回復せず(><)
冬という感覚も少なく、春一番が吹いた所も・・・そして、花粉症で悩む人達にとって辛い時期の到来です。

先日、TVを観ていてとても感動しちゃいました。
その内容が『シークレット・サンタ』なんです。観た人もいるかな・・・?

どういった内容かと言いますとクリスマスの日に街を歩き回り、困っていそうな人達に$20を『メリークリスマス』と言って配っている人がいたんです。そしてその事が話題になっても一切身元を明かさず付いた呼び名が『シークレット・サンタ』でした。
そして、年が経つにつれて額も大きくなり$100を配る様になってました。
何の見返りも求めずに・・・。

昔にして貰って嬉しかった事をそのまま実行しているだけ・・・。

そして、その人の奥さんに気付かれるも怒るのではなく逆に応援し、自分達の生活で節約出来る事は節約して協力するとその旦那を励ますんです。

このサンタも奥さんも素晴らしい人だと思いました。

きっかけは、お金も無く空腹のあまりレストランに入り、注文しまくりお腹を満たすも伝票を持って来られた時に我に返り、財布を捜す振りをしてました。その時、その店の人が『お客さん、$20落ちてましたよ』と手渡します。
そのお金で会計を済まし、店を後に・・・。
この時の"行為"と"$20"が後のシークレット・サンタを生む事になったのです。

シークレット・サンタをした人も会社を首になったり、と苦しい生活を続けていました。この状態から抜ける為に悪に手を伸ばそうとした時も"$20"を見て我に返り、思い留まる事が出来ました。
ホットドックを買いに行った時には、店の女性が困っている顔をしていたのでおつりから"$20"を『メリークリスマス』と言って手渡したのでした。
この時に『シークレット・サンタ』が誕生したのです。

何をしても上手い事いかなく、人にシークレット・サンタとして接する事で仕事も安定し、生活も豊かになり安定する事が出来てきました。
毎年街に現れ、人々に幸福をプレゼントして行くのです。

人に親切にする事はとても大切な事だと思います。しかし、人によってはその行為が迷惑な場合も・・・。等と考えているだけでなんて小さい人間なんだと思い知らされた様に思います。

人間、生きていく上でお金は、最低限必要になってきます。もし、そのお金が何かで賄えたら、整体は困っている人に奉仕出来ればと考える事もあります。

良く患者さんから言われるんです。『良い職を持っているね!みんなに喜ばれる事をしている。良い仕事だよ。』って・・・。
だからか苦しい時があっても患者さんの笑顔で救われてる時もあるんです。最後の『ありがとう』の一言が・・・。

一人でも多くの患者さんに喜んで貰える様に努力せねばって改めて思い知らされる様な内容のお話でした。
本当に感動させられるお話でした。

そんな『シークレット・サンタ』の様な心を一人でも多く持てれば平和で幸せな人生を過ごせるのだろうとヒシヒシと感じました。

新しく自分への教訓に・・・・・(^^)

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
<<一枚の葉書・・・ | 院長の気紛れ日記 | 心臓の寿命とは・・・!?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 院長の気紛れ日記 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。