スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
FC2 managemented
見極め・・・ (肩)
2009-10-24 Sat 16:04
昨日も大阪帰りの時間帯で予約が入り、22時半から診る事になりました。

”診断”と言う行為は、我々整体師は行えません。しかし、各種疾患の可能性があるかどうか”見極め”ないといけません。
自分自身が取り扱えない疾患であったり、病院へ行かれる方がベストの場合があります。それを見過ごす事は、患者さんの不利益になり、治癒期間も長くさせてしまいます。

今回の患者さんは、当日に肩が痛くなり動かせなくなったとの問い合わせでした。
この方は、以前より定期的に通って頂いてる患者さんからの相談でした。

車の後部より荷物を体勢は前方向いたままで腕を後ろへやって取り、その後徐々に痛くなり、TELを貰った時は痛みで全然動かせなかったそうです。

来られた時は、痛み止めの薬の効果か痛みは少しマシで少し動かせる様になっていた。
見た状態は、三角筋周囲に軽い腫れ、肩が少し前方へ行っている状態(多分かばっているせい)。
触診では、大結節近辺に軽い圧痛有り。特に三角筋下滑液包近位は圧痛↑
大円筋・小胸筋に過緊張有り。

骨折や脱臼の可能性は、ほぼ無し。
介達痛・音叉・叩打テスト:陰性
牽引テスト:陰性
(sulcus徴候)

肩のROM検査で
屈曲 約25° 制限有り
外転 約30°   〃
内旋 ほぼ正常(上腕そのまま肘90°屈曲位) 最終数°で疼痛有り
外旋 約5° 疼痛有り

オーソペディックテスト
棘上筋腱炎テスト:陰性(可能角度にて)
棘上筋テスト:陰性(可能角度にて)
※上記2つは、正確に実施出来ていない為、信頼度は↓
スピードテスト:陰性
ヤーガソンテスト:陽性
肩峰下プッシュボタン徴候:偽陽性(度々結果が入れ替わる)

ここまでで痛み止めの効果と過度の可動域制限等で的確な見極めを断念。
周囲の筋の緊張をゆるめる事と安静を勧め、病院での検査後の治療を提案。

この時点で想定した状態は
腱板損傷、二頭筋腱炎、肩鎖関節の亜脱臼、滑液包炎ぐらいでしょうか。
過度の制限と三角筋下滑液包近位の圧痛と腫脹が気になり、病院での検査を勧め、異常の無い場合は日をおいて治療する事にしました。

想定した事は患者さんには告げていないです。告げる事は、診断行為にあたる為!
その確定の為に病院での検査を勧めています。最悪の場合は、病院での治療が望ましいから。

本日、その患者さんからのご報告があり、X線での検査結果は異常無しで湿布と痛み止めを貰ってきたとの事。その時言われた事が日にち薬だから・・・だったそうです。
大きい病院は休みだったので個人医院に行かれたそうです。

CT迄撮って診て貰っていないので何処の受傷だったのか特定はされていませんが、最悪の状態は避けられたのかなぁ~と感じています。

日を改めて治療の再開を求められました。
方針としては、周囲の筋の調整と可動域回復の為の運動療法を予定中。
来られた状態によりその都度、変更。

これが、受傷後2~3週間経っても変化が無い、若しくは悪化が診られた場合は”セカンドオピニオン”とは大層かもしれないですが、そこよりも大きい病院での診察を勧めます。


勝手な思い込みで治療を行えば、患者さんの為になりません。今回は、通って頂いている患者さんでこちらの真意が解って頂き、行動して頂けましたが、初診の方やまだ信頼関係が築けていない方は”病院を勧める”事自体が『見捨てられた』とか『たらい回しにされた』等の感情を抱かれるのでしょうか・・・再び来院して頂く事が少ないです。

インフォームドコンセント、ちゃんと説明をしているのですが・・・。

いつまで経ってもこの”見極める”と言う事は難しいです。

今回の様にちょっとした事でも相談してきて頂ける事は嬉しいです。
自分自身で対応出来ない場合は、最善の方法を提示出来る事を心掛けたいと思います。
別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
捻挫の対処法について
2009-10-03 Sat 12:07
前回、捻挫に対して書きましたが、その対処法についてです。

酷く挫いた場合は、腫れが酷くなり易く痛みのせいで歩き難かったりで病院に行かれる事が多いと思います。しかし、軽い場合は、あまり腫れない場合が少なからずあります。
その時にあまり腫れていないからあまり痛くないからとほっとく事は避けた方が良いでしょう。

もし、直ぐに病院へいけない場合等病院に行くまでの対処法を少しご紹介致します。

受傷後の処置として『RICE』と言う処置方法があります。

R:レスト・・・安静
I:アイシング・・・冷やす
C:コンプレッション・・・圧迫する
E:エレベーション・・・つり上げる

と言った様な方法です。
この中で”アイシング”が有効的です。
これは、炎症の拡大を抑え、痛みの軽減をしてくれます。
では、どの様に行えばいいのか?その正しい方法を知っておいて下さい。間違った方法を行うと逆効果どころか悪化させてしまう場合があるから・・・!

アイシングは、受傷後早ければ早い程効果的です。
一般的には、受傷後72時間以内の損傷であればアイシングを行います。
但し、72時間以内でもアイシングを行わない場合がありますので注意が必要です。
これは、急性の場合であり、慢性の場合は少し違う対処を行います。

アイシングは炎症を抑えますので炎症の徴候が見られる場合に行います。
炎症の徴候は、熱感・発赤・腫脹(腫れ)・疼痛(痛み)等々です。

この様な時にアイシングを行います。行う時間は、約10分以内で最大でも約15分です。ただ、1時間の間にと言う事になります。(※ 最大15分/h)
なので、2回目のアイシングは1時間後に行うという事です。

時間とは、別の目安として以下の様な感覚の変化でも判断します。

①痛い(ジーンとくる痛み)
②温かい(短い間だが、ポッとする感じ)
③ビリビリする(針でつつかれるような感じ)
④感覚がなくなる(冬の寒い日に、つま先の感覚がなくなるような感じ)

早い時間で④迄来ると中断、15分経っても④迄来ていなくても終了した方が望ましいです。
基本的に氷水等に直接浸けていると早く④迄到達します。ビニール袋に氷を入れたり、保冷剤等をタオルで来るんで冷やした場合は、いっても②か③迄ぐらいではないでしょうか。

これを何回か行います。そして、テーピング等で固定したりしますが、これはちゃんとした巻き方をしなければ効果がないので知識のある人に巻いて貰うの良いでしょう。

これは、あくまで応急処置ですので勘違いの無い様宜しくお願い致します。

2週間、3週間経っても腫れが引かないと言うのはおかしいので絶対病院へ行って下さい。

ご相談頂いた場合は、出来る限りの対応はさせて頂きますが、状態を直接見ていない場合は安易にお答え出来ませんのでご理解頂けたらと思います。

捻挫と言えどしっかりした治療をされる事をお勧め致します。
別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
捻挫に対して・・・
2009-09-27 Sun 18:36
最近、捻挫に対しての質問が増えています。

一昔前までは、病院に行ってもX線を撮り、骨に異常が無ければ湿布薬を出されてお終い。歩くのが困難であれば松葉杖を貸して貰えた程度では無かったでしょうか!?

現在では、ギプス固定3週間と言うのが主流の様で・・・(これは問い合わせや来られた患者さんからの情報) 問い合わせでは、『ギプスを外しても痛くて歩けないんですが診て貰えますか?』等が多いです。

又、接骨院等へ行かれても筋肉を解して貰い、電気を当てて終わりと言うのも良く聞きます。

基本的にこの『捻挫』と言うものは、整体では取り扱ってはならない分類に属します。医師のいる病院以外では、柔道整復師の国家資格を持つ接骨院等の専門分野になります。

まず、『捻挫』について軽くご説明致します。
損傷の多い足首の捻挫を例にします。

捻挫において損傷されるのは、靱帯です。状況によっては、骨折等も重なって受傷してしまう場合があります。

捻挫による損傷度合いを3つに分類されます。軽度のⅠ度~重度のⅢ度までに分類します。

このⅠ度の軽度の損傷でも靱帯の微小断裂が起こっているとされます。Ⅱ度で部分断裂、Ⅲ度で完全断裂となっています。
Ⅲ度でも激しいスポーツをしたり、プロ選手でない限り、手術を進められる事はありません。
日常生活においては、何ら支障をきたす事はありません。

足首の捻挫で損傷され易い外側の靱帯が3つあるのですが、かく言う私もこの内2本完全断裂してるそうです。

捻挫では、内に捻る内反捻挫が多くて、外側の靱帯が損傷されます。その損傷される靱帯とは、前距腓靱帯・後距腓靱帯・踵腓靱帯の3つです。
靱帯の役割は、補強・指示・抑制の働きがあるのですが、損傷の為この働きが減少する為にその方向への動きに対し弱くなります。その為、再び捻り易くなります。だから『捻挫は癖になる』とよく言うのです。

この捻った際に踵の位置がおかしくなっている事が大半です。靴底の踵側の外側が良く減っている方、いるでしょう?踵の骨の位置がおかしい証拠です。
(※歩き方の癖があったりしますので100%と言う訳ではありません。)

その歪みのせいで循環が悪くなり、炎症が引きにくかったり、余計に負担になる場所が出来てそこが痛んだりと後遺症が残っている方が殆どです。
痛みが無くても踵の位置がおかしい場合もあります。

長くなりましたが、捻挫の為に治りにくくなっている所、その影響で緊張している筋肉等を施術しています。痛みの出にくい、再び捻る事の少ない状態に戻す様に施術させて頂いております。

一度、切れた靱帯が元通りつながる事はありません。微小断裂等の軽い状態では、修復される事はあるかもしれませんが、靱帯としての働きは弱くなっています。

整体では、『捻挫』を治す事も出来ませんし、取り扱う事も出来ません。
しかし、捻挫により生じた状態により出ている疼痛(痛み)を軽減させる事は出来ます。

捻挫された状態を放置されると膝や腰に違和感が出てくる可能性が高いです。
治療される事をお勧め致します。

今度は、捻挫した直後の対処法を書きたいと思います。

別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
骨折・・・
2008-06-18 Wed 11:10
お久しぶりです。
中々書く事が出来ませんでした。

さて、今回は『骨折』!
骨折が疑われたり、骨折があった場合、整体師は病院を勧める事しかできません。
その部位以外での調整は、可能だと思うのですが、見抜く事の難しさを身を以て経験致しました。

四肢等の骨折であれば、ある程度は解ると思うのです。細かい骨折では・・・みたいな状態かも知れませんが(^^;;僕等の所へ来られる様な人は、細かい骨折やヒビが入った状態の人が殆どだと思います。明らかな状態では、病院へ行かれているでしょう。

今回あった症例です。

女性の患者さんで過去に乳ガンで摘出手術を受け、リンパも摘出されていました。その後、肺への転移、骨への転移が見つかり、放射線治療等で現在は転移は見られないまま数年が経過しております。
肩凝り等で来られていて、カイロの手技は一切使わず、中国整体での筋肉調整がメインになっています。

と、ある日。出先で土手の様な所でバランスを崩し転けたそうです。その時に左の脇腹を打ったそうです。それ以来、痛みが引かず腕を動かしたり、寝返りもきつい・・・と連絡がありました。
まず、肋骨の骨折を疑い検査をしてみます。
僕等に出来るのは『介達痛』『マルゲェーニュの圧痛』『音叉』で調べる事!
何回行っても同一の結果が得られません。『骨折』では無いのか!?ヒビが入ったと言う事でも無いのか!?色んな疑問が頭を過ぎります。骨折の疑いがきれいには晴れず、痛みは打撲と肋間神経痛によるものなのか・・・!?

過去に骨への転移が見つかった際に肋骨の骨折が発見されていました。その時は、痛みも感じず、知らない間に折れていたそうです。
今回も・・・。若しくは、転移・・・!!患者さんは、その様な不安にかられていました。

調べていると浮いている様な箇所が見つかったので軽い押圧と筋膜をゆるめる手技をしました。痛みが何カ所かあった内の一部が取れました。その為、レントゲンはもう少し様子を見る事に。でも、患者さんは、レントゲンを撮りに行ってくれて、その結果骨折は無いという事でした。
やっぱり痛みは、痛みは打撲と肋間神経痛によるものだったのか・・・。


その数日後、家でその患部近位を又転けて打ったと連絡がありました。

調べても以前と同様に結果が行う毎に変化します。しかし、今回はレントゲンを撮りに行く様に強く勧めました。
近々定期検診があるからその時に撮って貰うと言う事に。
(前回とは違う病院です。)
その結果は、肋骨3本の骨折!!
ただ、今回やったのか前回やったのか不明。
痛み方は、前回より軽い状態。なのに・・・骨折!!咳をしてもそんなに響かないのに!それも3本・・・。

周囲の筋膜が緊張しているのでその緊張を取り除く事に。後、無理をしない様伝えました。
その後は、日が経つにつれ徐々に痛みは引いていきました。背中の凝り等通常の訴えに変わっていきました。

整体師は、骨折の治療を行えません。又、骨折の状態での治療は悪化させます。その為、見抜く力が要求されます。適切な処置が行える様・・・案内してあげる事も仕事の一つ。

打撲を負っている際、筋等の軟部組織も挫滅したりしてる為、疼痛は出ます。
骨折と見分ける難しさを痛感しました。細かい骨折程・・・。

患者さんの不安を取り除く!これも大切な事。

又、患者さんに『ありがとう』って言って貰える様に頑張ります。
別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
テーピング・・・
2007-05-17 Thu 16:46
本日も台風並み!?と勘違いしてしまいそうな程の強風・突風・・・。
この中をバイクで走るのは、少し怖いですね~(-"-;;
そんな事を言いながらも走る私って・・・・・。

先日、受けに行ったテーピングのセミナー!
有意義な時間を過ごせました(^^)
こればかりは、頭で解っていても実践をして巻いていないと直ぐに忘れるのと上手い事巻けないってのがあります。なので、こう言った機会に復習したり、知らなかった巻き方を覚えるのは、とても楽しいです。

その内、自分流に変化していってしまうのですが・・・。一概に教えて貰った巻き方、本に載っている巻き方にこだわるより何処をどの様にサポートしたいか補助したいかを考えていれば必然とそれに近い巻き方になっているものです。
基本的な巻き方と効能ぐらいを覚えていれば後は、コンビネーションで巻くだけなので考え方をしっかりしたいと感じました。

テープにも色々な種類があるのでその用途も理解しておくべきでしょう。

私の場合、テニスの大会等にサポートで行ったりしますので、治療院で巻く方法とは違う巻き方も必要だと感じています。

そして、どの様な時にどの程度の強度や柔軟性を必要とするかは、経験でしか養えません。
この技術も知れば知る程、奥が深く学びガイがある物だと感じています。そして、未熟さも・・・。

先日、学生の相談で足首にテーピングを施したのですが、思った以上に効果があり、苦痛が軽減したみたいです。
もう少し・・・って感じる所もあったのですが、テープの予備が無かったのであり合わせで行っていました。しかし、どの方向にとかを考えているのでそれなりの結果かと思います。

適材適所みたいな感じで存在するであろう巻き方・テープの種類等を把握し、巻いていきたいですね~(^^)

色々な症状での適応等も自分の経験により蓄積し、幅広く効果のある方法を確立させたいものです。


-------------- 戯  言 ------------------

技術は日々進歩・・・
自分の今の技術の進歩は如何に・・・
固執するのでなく、壁を破る勇気を・・・

その為に頭の柔軟さを・・・

何気ない事にヒントが・・・
見つけてみよう今の自分を・・・

弱点を知る事は進歩(成長)の近道・・・
知っても克服しようとしない事が・・・認めない事が弱点であり欠点・・・
それに気付こう!

例え少しでも進歩(成長)したいものである。
技術だけでなく、考え方や態度、精神・・・人間的に成長を!

-------------------------------------------------

そんな事を考える今日この頃・・・
別窓 | 症例&学術的な事 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
FC2 managemented
BACK | 院長の気紛れ日記 | NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。